FC2ブログ

最新記事

カテゴリ

古事記の日本地図

japan
※クリックで拡大

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

※基本的にお返事は致しません。特別なコンタクトが必要と認識した場合のみお返事させて頂くかもしれません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018.09.02

空海(ku-kai)

<空海>

 仏教界の巨人で、様々な逸話を持つ弘法大師こと空海。

<星の信仰> では空海は王位に匹敵する縄文海人の一族であることを、
<縄文海人(あま)と弥生海人> では海人の真相を詳しく考察したが、ここに於いて、ようやく空海を深く考察する。

なんと、空海には金星、太陽、シリウスの関係、そして宇宙の真理まで隠されていた!
そして、四国八十八箇所に秘められた真意とは?

 大嘗祭が近づいてきた現在、麁服(あらたえ)を調進する阿波忌部氏の三木家がおられる阿波、そして四国に封印された真相を探ってみようではないか!

『空海』
※pdfファイルが開きます。

kukai2.png



---管理人コメント---

PDFの結論を書いてしまいます。
「空海は縄文海人の中の王位に匹敵する立場であり、地球と金星、太陽、シリウスの関係を知り、更には宇宙の真理を悟り、それを四国に投影させてカバラで封印した人物である。」



なお、今回は、PDF筆者が徳島県美馬市木屋平の「三木家」に直接足を運び三木家当主三木信夫様より直接聞いた内容が書かれています。

22ぺージあるPDFファイルをお読みにならないかたにもぜひ、来年の天皇譲位を前にして、こういった現代にもつづく日本の事実・ご神事、を知ってほしいと思いますので、ここに抜粋します。

--抜粋------------
オオゲツヒメはスサノオに斬り殺され、体の各部位から蚕や穀物が芽生えたとされ、アワ(阿波、粟)の国の名前として古事記にも記載されている。
オオゲツヒメが祀られるのは上一宮大粟神社(徳島県名西郡神山町)、一宮神社(徳島県徳島市)、阿波井神社(徳島県鳴門市)で、いずれも徳島=アワの国である。
アワ=粟は米と並ぶ重要な穀物で、かつては日常的に食され、現在でも宮中の新嘗祭では米と共に神饌として神に供される重要な穀物である。
この阿波国には、天皇として即位後の初めての新嘗祭である大嘗祭に於いて、麻の織物(=麁服、あらたえ)を調進する阿波忌部氏の三木氏がおられる。その三木家邸宅に於いては、神は屋敷の東北で祀られているが、これはウシトラの方角であるため、この祀られている神は、ウシトラノコンジンに他ならない。
オオゲツヒメが四国でしか祀られていないのは、このような理由からであり、四国とは“オオゲツヒメが死んだとされる国=死”で、時が来れば封印が解かれる、謎を解くために残された封印開封の国なのである。

■粟と麻
粟も麻も、米や絹(麁服と対となる和妙(にぎたえ)の素材)に対しては安価で庶民的という共通点がある。米や絹が高貴な方=天皇のシンボルならば、粟と麻は庶民=国民のシンボルで、両者が共に重要視されていることは、天皇は民の親で民は天皇の子であるという、君民一体の日本の体制そのものを暗示している。

■三木氏からのお話
幸運にも三木氏から直接お話を伺うことができたので、重要ポイトンを紹介する。

・三木家は御殿人(みあらかんど)という特別殿上人で、皇室から麁服作成を命令されるのではなく、依頼される(調進)ことから、皇室とは対等の立場である。
・神は、麁服に降臨する。
・阿波忌部氏は、海部氏と同族的な弥生海人である。
・現当主は、籠神社の第82 代現宮司に祭祀をいろいろ教えた。


---------------------


そして後半は謎多き理趣教について。必見。

男女の性行為を完全肯定しており、チベット密教の無上瑜伽タントラと同義。

kukai1.png


この世界には、「タブー」といわれ、タブーの意味も、理由もわからずに、とにかく触れないことがマナーであり、ジェントルであるかのように思い込まされ、集団性バイアスにかかっていることが多々あります。
「性」はまさにその核です。
なぜ、男と女がいるのでしょう?なぜ、繋がりあうと、イノチができるのでしょう?
そんな最重要な部分について「恥ずかしいこと」「タブ―」と目を背けたままで、どうしてこの先人類の精神性を次のステップに高めることができましょう?

本当はだれしも、知りたいことなのに。知るべきことなのに。

スポンサーサイト

検索フォーム

topics

リンク

このブログをリンクに追加する

バビロニア スメル文明


※クリックで拡大

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。