最新記事

カテゴリ

古事記の日本地図

japan
※クリックで拡大

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

※基本的にお返事は致しません。特別なコンタクトが必要と認識した場合のみお返事させて頂くかもしれません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<神の名を冠する天皇>

 古代史を含めた日本史(正確には國史)学会では、相変わらず「欠史八代(第2代・綏靖天皇から第9代・開化天皇までの御存在の否定)」史観などが幅を利かせ、それらの天皇は存在しなかった、などという見解が未だにまかり通っている。
挙句は、神武天皇は存在しなかった、とも。
しかし、今上陛下が第125代なのだから、御名は「神武」ではなかったとしても、必ず初代天皇は存在したのである。

 欠史八代の観点からは、初代天皇が初代・神武天皇=第10代・崇神天皇となるが、もう少し下ると、第15代・応神天皇となり、このあたりからは実在性がほぼ確実視されている。
 実は、欠史八代の天皇も確実に存在しており、それは国宝の海部氏系図を詳細に検討すれば明らかで、それについてはこれまでの資料を参照頂きたいが、未だに学会がこのような状況からすると、歴史上の諸資料は、事実を封印している様相である。
すなわち、触れられて欲しくない話題のようである。
確かに、古事記などでも、事績はほとんど記載されておらず、存在を疑われても仕方がないような記述である。


※海部氏系図(wikipediaより)

 皇統は、神武天皇以来、男系の万世一系とされている。それで触れられて欲しくない話題とは、実は男系の万世一系ではないのではないか?どこかで皇統が替わっているのではないか?ということに相違ない。
その鍵となるのが、天皇の御名である。それは「神」の名を冠する天皇である。
 「神」の名を冠する天皇は、初代・神武天皇、第10代・崇神天皇、第15代・応神天皇の御三方のみで、まさに欠史八代に深く関わってくる方々である。

 近代稀に見る、譲位という形式での皇室の代替わりが確実となった。太古、力に依る代替わりもあり、後に政治的策略で強制的に代替わりさせられたこともあった。昔は“人生50年”と言われた頃もあったので、それからすると、今日の皇族方の御長寿は、寿ぐべきことである。しかし、今回はその“長寿”社会故の、悩ましい代替わりでもある。
 このように、(秋篠宮家の御婚約も含め)国民の目が皇室に向けられている今、日本に於ける皇統とは何なのか、考えてみては如何だろうか?

※右クリックでダウンロード
神の名を冠する天皇


---管理人コメント----------------

まずはじめにお断りしておきたいのは、
ご存知のとおり「天皇の系図」や「いったいどこにいたのか」には数え切れないほど諸説ある。
本資料は、「神を冠する天皇の名に秘められた意味」という切り口による歴史の見方を、京都府宮津市に鎮座する籠神社の社家、海部氏に伝わる海部氏系図(あまべしけいず)から紐解いた。
それが是か非か、正統はどっちだ、という不毛な話はここではいったん忘れて頂きたい。

文献として後世に残ったものは時の権力者の都合に合わせ書き換えられている可能性が高い。
現代の歴史研究家ですら、証拠-推測-思い込み-決めつけ これらの境目はあいまいで、
場合によっては、他人のブログを引用、「あの人もこの人もこう言っている」ただそれだけで「証拠」としてしまうことまである。

「その場にいなかった」のだから、誰にも事実はわからない。

しかし、もしそうだとしても名を付けた瞬間からそこに魂の宿る「名前」そのものには、変わらぬ意味がありそうだ。
記紀などでも違う名前で同神が多々見受けられる。

たとえば、蘇我に反抗して暗殺された崇峻天皇、讃岐に流罪になった崇徳上皇、これらは死後に贈られた「諡号」であり、当時は目に見えない力は当たり前であったことからも、呪いや祟りを恐れたからこそ、「崇」(崇拝するの崇。祟りではないことに注意。)という最高級の字をたてまつって御霊の怒りを鎮めよう、といった意味があるとされる。


では、「神」の名をもつ天皇は?その時代にはいったい何がおき、どのような意味で神がついているのか?
歴史を紐解くには、ひとつのことに固執せず、さまざまなアイデアを試してみることが必要だ。
ぜひpdf資料を読んでいただきたい。

さて、管理人としては、「音」にも着目しておきたい。
神=カミ、カム、シン、ジン、コウ・・・さまざまな読み方がある。

たとえば前述の「海部氏」のルーツはどこなのだろう?
インターネットで検索すると、それを地名にもつ場所は、
尾張の国愛知と、阿波の国徳島にのみ、「海部郡」がある。

しかし愛知は海部と書いて「あま」とよむ。徳島は「かいふ」とよむ。
漢字はあとからあてたもので、海部氏、愛知の海部郡、徳島の海部郡、まったく異なるものである可能性も?

元伊勢籠神社もどうだろう?
以前まで籠目紋の石碑があったことから、「かごめかごめ」の歌の謎解きの地だともうわされた。
しかしこちらも、「籠」は同じでも、「かご」ではなく、「このじんじゃ」とよむ。
まったく関係ないのでは?


これだから歴史は面白い。

※歴史がながい種族ほど、同じ発音で意味も近い言葉があったりする。
ヘブライ語、トルコ語、日本語、南北アメリカ大陸の先住民の言葉には、同音同意語がある。
もうひとつ、表音文字はなぜこれほど多様化し、表意文字はなぜアジア、中南米にばかり多いのだろうか。





スポンサーサイト

検索フォーム

topics

リンク

このブログをリンクに追加する

バビロニア スメル文明


※クリックで拡大

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。