最新記事

カテゴリ

古事記の日本地図

japan
※クリックで拡大

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

※基本的にお返事は致しません。特別なコンタクトが必要と認識した場合のみお返事させて頂くかもしれません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.01.11

節分

 正月が終わっても、これからが冬本番というところだが、立春を過ぎるとようやく昼の時間が長くなってきたな、と感じられる。節分はその立春の前日で、言わば、旧暦的な1年の大きな節目とも言える。

 その節分には、各地で豆まきがなされ、関取や芸能人が参加して賑わしく行われる所もある。また、最近では関西発祥の恵方巻きが商魂たくましく普及し、巻き寿司以外のスイーツなどでも恵方巻きが販売されるようなご時世である。

 しかしながら、無宗教的と言われる日本人が、豆をまいて邪を祓うという極めて宗教的な行事をこぞって大々的に行い、新年の大規模な初詣などを見ても、物凄く宗教的な国民と言えるのだが、当の日本人はそれに気づいていない。
これこそが、日本人自身がカバラの一部と化している証拠なのだが、では、慣習的に行われている豆まきとはいったい何なのだろうか?

正式には追儺(ついな)とか儺追(なおい)とか呼ばれるが、その真意は何なのか?お家で鬼のお面を被る前に、ちょいと考えてみよう!

※右クリックで保存
節分


mame.jpeg



----管理人コメント

節分は、
スーパーで豆を買って、鬼のおめんがおまけでついていて、
「鬼は外!福は内!」といいながら(基本的に父親が鬼)にぶつけ、
豆がもったいないから、あとで食べるために玄関ではちょっと不衛生だから部屋か廊下あたりで行い、
(※もしくは落花生で行うが、あたると痛いことと天秤にかけなければならない。)
結局 「鬼も内、福も内じゃないかー、いいのか?これでー」 とよくわからないうちに、
正月の黒豆とごっちゃにして、歳の数だけ豆をたべるが、
味もなく「美味しい!」とは言えず、
流行ってるっぽいので恵方巻をかってきて一気にたべ、
一気に腹が膨れてほかのものが食べられなくなってしまい終了。

という家庭、多くないだろうか?


さて。節分とは、なんなのか?

まずおもいきりざっくりいえば、魔よけと、五穀豊穣。
魔よけを表現jしたのが鬼だが、自分の中の欲やエゴ(邪気)を祓うこと。
五穀豊穣は、永続的なイノチの営み全般(男女融合、子孫繁栄、そのための穀物の豊作)への祈願のこと。

さてさて、ではそのルーツって・・・いったいなんなんだ?

定説と、その他の説、
シュメール、キリスト、ユダヤ、日本各地の奇祭、カバラなどから深く深く読み解く。


それにしてもなんなんだこの数年前からの恵方巻ブームは。。
クリスマス-正月太りからのダイエットからのリバウンド策略か??
TVで着物着た女性とかがでっかい口を開いてまるかぶりする姿は、げんなりする。
※それもオマケに余談が・・・ (^^;
スポンサーサイト

検索フォーム

topics

リンク

このブログをリンクに追加する

バビロニア スメル文明


※クリックで拡大

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。