最新記事

カテゴリ

古事記の日本地図

japan
※クリックで拡大

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

※基本的にお返事は致しません。特別なコンタクトが必要と認識した場合のみお返事させて頂くかもしれません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<新嘗祭、神嘗祭、古伝新嘗祭>

 現在、新嘗祭(にいなめさい)と言って、どれほどの人が意味を理解できるのだろうか?
戦後、GHQの占領政策に依り、祭日の名称はことごとく変えられてしまい、それはすなわち、日本人の精神性破壊工作である。

現在、「勤労感謝の日」とされている日は、かつては「新嘗祭」だった。

新嘗祭とは、その年に収穫された新穀に対する感謝祭で、農耕を主体としていた日本にとって1年で最も重要な神事だが、その主役は宮中に於ける天皇陛下=祭祀王である。
いわゆる祭日とは、宮中に於ける重要祭典(神事)の“祭りの日”のことなのである。皇室は日本人の精神に深く関わる大元だからこそ、祭日の名称変更が精神性破壊に繋がるのである。

 さて、その新嘗祭だが、単なる収穫感謝祭ではない。そこには、天皇の霊威更新という意味がある。また、新嘗祭に先駆けて行われる伊勢の神宮の神嘗祭(かんなめさい)は神の神威更新であり、それが“常若(とこわか)”の精神の大元なのだが、実はフェニキアや邪馬台国との繋がりが伺える。更に、出雲大社に伝わる古い新嘗祭「古伝新嘗祭(こでんしんじょうさい)」には、古代から連綿と続く新嘗祭の真意を紐解く鍵がある。それは、この宇宙の根源にも関わることである。

 かつて、新嘗祭が終わるまでは、その年の新穀を口にすることはできなかった。秋口になれば競って新米を食す飽食の現在、新嘗祭について考え、食への感謝、自然への感謝という気持ちが少しでも芽生え、この大宇宙の中の自分という存在について考える一助となれば幸いである。

↓全22ページ 883byte 本編はこちら
※右クリックで保存
新嘗祭、神嘗祭、古伝新嘗祭



--管理人コメント------------------

『 現在、「勤労感謝の日」とされている日は、かつては「新嘗祭」だった。 』

これを忘れないこと。
知らない方に教えてあげて頂きたいこと。
この二つが、これを読んでくださった読者の皆様にお願いしたいことです。

今回は、もはやそれ以上のコメントなど無い方が良いでしょう。

ただ、ひとつだけ言っておきたいことがあります。

今回のこのテーマを魂の奥深くに響かせるには、
いま「在る」ことへの感謝、「幾久しく続く」自然の理(ことわり)への感謝、が大事だということです。

・・と簡単に言いましたが・・・感謝、できていると思いますか?
かたちばかりの「頂きます」「ありがとう」ではないでしょうか。
われわれは、どうしてそれ(感謝)ができなくなったのでしょうか?

それは、土に触れなくなってしまったことや、口にする食べ物(生命)の殺生を目の当たりにせずに食べている(生きている)からにほかなりません。

管理人も数年前からやっと、
農をやったり、味噌を作ったり、自ら土に触れはじめたことで、
種イモからまたイモができていく繰り返しや、
畑に生えた雑草を堆肥にして発酵させ、また畑に戻して土がよみがえっていく様を体感してはじめて、頭でしか理解していなかった、と知りました。
言葉にならない、表現しようのない森羅万象的なものを感じたということです。

とったイモひとつひとつに、名前を付けたくなるほどです。
食べるとき、感謝は当然のことですが、「こいつと一体になる」という感覚がわきます。

まだ農に関わっていない方は、来春から、市民農園でも初めてみてはいかがでしょう。

imo.jpg

miso.jpg

スポンサーサイト

検索フォーム

topics

リンク

このブログをリンクに追加する

バビロニア スメル文明


※クリックで拡大

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。