最新記事

カテゴリ

古事記の日本地図

japan
※クリックで拡大

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

※基本的にお返事は致しません。特別なコンタクトが必要と認識した場合のみお返事させて頂くかもしれません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<天照大神は女神か?>

 天照大神は、一般的に女神とされています。
しかし、世界中のほとんどの国では、古代のヒッタイトを除き、太陽神は男神です。
また、日本の逸話でも、三輪の神は伊勢と同体、などという、男神を仄めかすようなものもあります。

img_1.jpg


 では、天照大神は本当に女神なのか?あるいは、男神なのか?

そんなことに思いを巡らしてみては如何でしょうか?

※右クリックで保存
天照大神は女神か?



----管理人コメント-----

テレビや歴史の本で、女性のイラストで登場する天照大神。当たり前のように、目をつぶってもイメージに出てくるのは女性が太陽を背負った絵。・・でも・・ちょっと待ってください。本当に女性ですか?

一方、歴史をかじった人から、「実は天照大神は男だ。持統天皇(女帝)の姿が反映され、女性だったということにされたんだ。」などと聞き、すごい事実を知ったかのように衝撃を受けたり。これも・・ちょっと待ってください。それは、なんの根拠で?単なる説のひとつでは?


本公開日は・・・皇祖神、天照大神を祀る内宮の『神嘗祭(かんなめさい)』です。

神嘗祭は神宮のお正月とも言われ、御装束・祭器具が一新される、神宮で最も重要な神事で、かつては祭日でした。
皇室の繁栄と国家の安泰、五穀の豊穣、国民の平安をお祈りしますが、「神嘗」は「神の饗(あえ:食べ物でもてなすこと)」が変化したとも言われるように、最も重要なのは五穀豊穣の感謝です。

この日、内玉垣には天皇陛下御親(おんみずか)ら刈り取られた根付の御初穂が掛けられ、全国から供された新米である懸税(かけちから)が並べられます。

 よく似た神事に、『新嘗祭(にいなめさい)』があります。戦後、GHQの占領政策=日本人の精神骨抜き政策によって「勤労感謝の日」とされてしまった11月23日で、本来は「新嘗祭」が正しいのです。
神嘗祭は「新穀を神に供える」のに対し、新嘗祭は天皇陛下御親ら「神を祀り、自らも共に食す」ことにより、五穀豊穣の感謝、皇室の繁栄と国家の安泰、国民の平安をお祈りする“神人共食の儀”なのです。


せっかくなので、神嘗祭の概要を紹介しましょう。


『伊勢参宮名所図会』神嘗祭.

神嘗祭は、10月15日から始まります。15日夕刻、奉仕する神職が適切かどうかを占う「御卜(みうら)の儀」が行われ、それに適った者のみが御奉仕できます。
 同じく15日午後10時より、外宮で由貴夕大御饌(ゆきのゆうべのおおみけ)が行われます。これは、山海の幸と4種類の御神酒(おみき)を供える儀です。由貴というのは「この上なく尊い」という意味です。
 内宮に先立って外宮を執り行うことを「外宮先祭(げくうせんさい)」と言います。多くの神事では神饌を奉るので、食を司る豊受大神が祀られている外宮が先、とも言われていますが、御遷宮では内宮から開始され、遷御後の大御饌の時にはまだ外宮は遷御していませんから、どうやら、それだけの理由ではなさそうです。やはり、外宮こそがこの国の根源神だからではないでしょうか?

 さて、続いて翌16日の午前2時には外宮で由貴朝大御饌(ゆきのあしたのおおみけ)が行われ、内容的には由貴夕大御饌と同じです。
 16日の正午には、外宮に勅使(ちょくし)が参向して幣帛(へいはく)を奉る「奉幣(ほうへい)の儀」が行われます。勅使とは天皇陛下の直々のお使いで、幣帛とは五色の絹などの織物のことです。その後、午後6時に御神楽の儀が行われ、外宮の神嘗祭は終了です。

 内宮の神嘗祭は、16日の午後10時、由貴夕大御饌から始まり、あとはほぼ外宮と同様ですが、御正宮前の御贄調舎(みにえちょうしゃ)で生の鰒(あわび)を切って塩和えしたものもお供えするという点が異なります。また、17日に黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)の正装をお召しになった天皇陛下が神宮を御遥拝遊ばされるという点も異なります。

 17日の宮中では、正装の天皇陛下がまず宮中三殿の神嘉殿(しんかでん)南庇に着座され、内宮での勅使による奉幣に先立つ午前10時、神宮を御遥拝遊ばされます。次いで賢所(かしこどころ)へ移られ、内陣の御座につかれ、御拝の上、御親ら御告文(祝詞)を奏上されます。その際、内々陣に待する内掌典が金の鈴を振る約10分間、天皇陛下は正座のまま平伏遊ばされます。
 この御鈴を鳴らすのは、天皇陛下の御祈念が天照大神に嘉納されることを示すものと思われ、続く皇后陛下、皇太子殿下・同妃殿下の御拝の際には行われません。

 賢所の天皇陛下に依る祭典が終了すると、続いて十二単の皇后陛下、更に黄丹袍(おうにのほう)の正装をお召しになった皇太子殿下と十二単の皇太子妃が次々と御拝礼されます。
 その後、参列された成年皇族(男性はモーニングコート、女性はロングドレス)がお一方ずつ、三殿それぞれの正面階段下で拝礼され、続いて宮内庁の職員などが順次拝礼されます。
 このように、宮中に於いても、神嘗祭は大変重要な神事であるわけです。

 また、昨年、式年遷宮が斎行されましたが、20年に1回の大神嘗祭が式年遷宮なのです。それ故、御装束だけではなく、御神宝までもがすべて一新されたのです。

 昔は、その年の新米は新嘗祭が終わるまでは誰も食べないのが習慣でした。しかし昨今では、早い時期に新米を口にすることが、粋であるかのような風潮があります。本来は、新嘗祭が終わるまで新米を口にすることはよろしくありませんが、さすがに現代でそれを実践することはなかなか困難です。
 ならば、10月16日の朝までは我慢されたら如何でしょうか?10月15日に外宮で斎行される由貴夕大御饌を皮切りに、神宮では新米に切り替えられるからです。それに今でも、神宮の神職や伊勢の神領民は、神嘗祭が終わるまで新米を口にしないとされています。せめて、皇祖神・天照大神に五穀豊穣を感謝する心ぐらいは、忘れたくないものです。

 このような日に、天照大神に感謝すると同時に、天照大神に思いを馳せてみては如何でしょうか?
スポンサーサイト

<宇宙維新-黄金の夜明け(後編第二弾)->は邪馬台国の建国でした。本編はいよいよ完結編となります。

・イエスの誕生と原始キリスト教徒(秦氏)
・秦氏渡来と王権委譲(出雲の悲劇)
・大和朝廷成立
・その後

 2014年10月5日は、出雲と皇室の御婚礼という歴史的ビッグイベントです。出雲は地祇、皇室は天神なので、これは天神地祇の合一です。また、征服された側と征服した側の和解、と見る向きもあります。
 しかし、よく考えてみると、出雲大社宮司家は出雲国造家で、それは代々天穂日命(アメノホヒノミコト)の血統で、天穂日命は天照大神とスサノオとの誓約(うけい)で生まれましたから、皇室と同様、出雲宮司家の血統としては天孫と言えます。つまり、どちらも天孫系で、祀っている神が出雲は地祇、皇室は天神ということです。しかしこれでは、出雲系の神が事あるごとに祟っていたことは、今一つ、理解に苦しむところです。

 かつて、出雲国造が新たに任命されると、吉日を選んで天皇陛下の前で出雲国造神賀詞(いずものくにのみやつこのかんよごと)を奏上しました。これは、天穂日命以来の祖先神の活躍と、歴代国造の天皇への忠誠の歴史とともに、天皇への献上物の差出しと、長寿を祈願する言葉が述べられています。また、朝廷の大祓詞(おおはらえのことば)の対になっています。

 忠誠や献上物は権力移譲=国譲りということの象徴ですが、大祓は祓いですから、やはり過去に何らかの大きな穢れが出雲と皇室の間であった、と見なすのが妥当かもしれません。
 そうなると、このフィクションで書かれているようなことが実際にあったのかもしれません。

 出雲とは何なのか?国譲りとは何だったのか?また、全編を通して人類史に対する皆さんの意識転換のお役に立てれば幸いです。
 それでは、後編第三弾・完結編をお楽しみ下さい!
なお、後編も一まとめにしたいという方のために、後編をすべてまとめたものも併せて公開します。

※右クリックで保存
宇宙維新-黄金の夜明け(後編第三弾)- 
40ページ

宇宙維新-黄金の夜明け(後編第一弾~第三弾)- 
全133ページ


-----
(管理人コメント)

izumo.jpg

※出雲大社に大集結した神様たちが、木の札にそれぞれ男女の名前を書き、相談してカップルを決めたあと、男女の札を結びつけて「縁結び」をしているシーン。

ご存知の通り、10月が出雲では“神在月”と呼ばれるのに対し、他府県では“神無月”です。
10月は神宮のお正月とも言われる神嘗祭が行われますから、10月が神無月ではおかしい?ように思えます。
しかし、これは本来旧暦ですから、新暦で言えば神無月は11月頃で、出雲では確かに、11月頃に神迎えの神事が行われます。また、神嘗祭は旧暦9月でしたから、実は矛盾は無いのです。

 それにしても、新暦とは言え、神在月に出雲と皇室との御婚礼が行われるのは何か暗示的です。
しかも、神宮と出雲の御遷宮、そして、三種の神器である草薙神剣を祀る熱田神宮の1900年創祀祭がすべて重なった類稀な2013年の翌年、内宮別宮の伊雑宮の御遷宮が行われる年、その伊雑宮では御田植祭で太鼓打ちの女装した男の子が女の子に変わった年という、何か、見えない力の働きかけが感じられる年というのは、極めて暗示的では?

台風18号直撃を心配していましたが、ギリギリセーフ?の様子です。(出雲地方は強風ですが1mm程度の小雨の様子。)

※今後この投稿をみたときに(なぜこの日を後編の締め日に選ばれたのかが)振り返り易いように、新聞記事を抜粋しておきます。 (「さま」と「さん」にもご注目)
-----------
典子さまと千家さん、5日挙式 出雲大社で
(日本経済新聞 2014/10/4 21:27)
 高円宮家の次女、典子さま(26)と出雲大社の神職、千家国麿さん(41)の結婚式が5日午前、島根県出雲市の出雲大社で挙行される。式は出雲大社の拝殿で行われ、両家の親族ら約20人が出席。午後には地元の人たちによる祝賀行事も予定されている。

 典子さまは高円宮家の3姉妹の次女。幼い頃からバレエやピアノを習い、学習院女子中・高等科時代は演劇部に所属。学習院大卒業後は公務に専念し、2002年に急逝した高円宮さまに代わり公務に多忙な母、久子さまを支えられてきた。

 千家さんは出雲大社の宮司を務める千家尊祐さん(71)の長男。国学院大学を卒業後、乃木神社(東京・港)や石清水八幡宮(京都府八幡市)で経験を積み、現在は出雲大社で権宮司を務める。バードウオッチングやカメラが趣味という。

 両家は01年ごろから家族ぐるみの付き合いをしていたが、お二人が初めて会ったのは07年4月、典子さまが久子さまとともに出雲大社を参拝された時。その後、交際に発展し、次第に結婚の意思を固められたという。
-----------


【追記: 宇宙維新 INDEX】
宇宙維新-黄金の夜明け(前編)-
宇宙維新-黄金の夜明け(後編第一弾)-
宇宙維新-黄金の夜明け(後編第二弾)-
-----
*宇宙維新-黄金の夜明け背景資料(前編)-
*宇宙維新-黄金の夜明け背景資料(後編)-

検索フォーム

topics

リンク

このブログをリンクに追加する

バビロニア スメル文明


※クリックで拡大

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。