最新記事

カテゴリ

古事記の日本地図

japan
※クリックで拡大

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

※基本的にお返事は致しません。特別なコンタクトが必要と認識した場合のみお返事させて頂くかもしれません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 戦後、多大な技術革新によって、先進各国は次々と新しい物を開発しては消費し、物質文明はほぼ飽和状態にあるものの、人々の飽くなき欲望はやまない。その一方で、その日を暮すことすらままならない人たちが世界中に溢れている。この状態は一体何なのか?これが、物質文明の成れの果てで、“万物の長”とも言える存在の本質なのか?

 そもそもの原因は、物の交換手段だった金(かね)が、ある時点から目的となってしまったことにある。そして、いつしか金(きん)の裏打ちも無くなり、コンピューター上のヴァーチャルな存在となったのにもかかわらず、人々はその仮想現実を追い求め、それが人間の価値をはかる唯一の尺度となってしまった。現在は、そのカネのために、命が犠牲にされる始末である。

 では、人は何のために生きるのか?
 何故、生まれ、死んでいくのか?

これは、西洋哲学発祥以来の難題であり、未だに解決されていない命題である。

 しかし、遂にその解答が示されることになった!

その解答は、奇しくもここに示されている「天孫人種六千年史の研究」に関わりの深い大山祇神社の神、“和多志(ワタシ)の神”に暗示されていたのである。

 この解答は、多くの方にとって、初めは何を言っているのか理解困難かもしれない。しかし、自分自身を振り返り、今一度、自らを取り巻く社会を見つめ直してもらいたい。そうすれば徐々に、あるいは閃きの如く、この解答の真意が心の奥底から湧き上がってくるものとして実感できるだろう。

 そして、そのような人の“和”が広がれば、自ずとここに示された世界が実現するはずである。

 「天孫人種六千年史の研究」と同時期にこの解答を入手できたのは、やはり天命と言うべきだろう。ならば、この解答も自由に引用して自らの言葉と化し、それを伝えることに依ってより多くの人々が実感できるようになることこそ、まさしく「起源意識」の意図されたことではあるまいか?


この解答が人々の気づきとなり、意識シフトのきっかけとなることができれば幸いである。


*解答内に於ける「トップリーダー」とは、政財界のトップという意味に限られたものではありません。その点を、誤解されないように。

↓ダウンロード↓
和多志(わたし)-自己、自我、我己と起源意識-

全53ページ 目次

 ・生きる目的
 ・地球環境の現況
 ・歴史を振り返る
 ・解決できない問題
 ・根本原因
 ・「自分は誰?」の答え
 ・わたしたちは表現できない存在
 ・わたしたちが起源意識である証拠
 ・これからどうするのか
 ・総ての人が幸福になれない原因
 ・具体的な手法
 ・我己により人類は絶滅する
 ・残された最後の手法「人類最終選択肢」
 ・「我己排除機能を持つ国とは」
 ・「生きる目的」の達成(政策の終焉と次へ)


---------------------------
※補足
本資料は、著者はおらず、著作権もありません。
いかなる宗教、政治、営利団体、個人でも分け隔てなく、転載、コピー、再利用、再配布も自由です。
すなわち、これをお読みのあなた自身が、あなたの意志であなたの言葉として活用してくださいということです。

イメージしてみてください。
 ・この文章が、あなたの最も尊敬する偉人によって書かれたものだとしたら。
 ・この文章が、あなたが最も軽蔑する種類の人物によって書かれたものだとしたら。
あなたがイメージした著者によって、この文章へのあなたの評価は変わりますか?

もし、「評価が変わる」のでしたら、その「主語により評価を変える思考や感情」が、あなたの人生にとって、そして全人類にとってどのような影響を与えてきたのか、ぜひ考えてみていただきたい。
そのうえで、魂の奥底から溢れ出すあなたの自身の想いや願いから、この資料を取り扱っていただきたいと思うのです。あなた=わたし=全人類のために。
スポンサーサイト

戦後の経済活動一辺倒の時代を経て、人々の精神が病み、将来に希望が持てなくなりつつあった2011 年、そんな日本人をあざ笑うがの如く、日本列島に未曾有の大震災が襲い掛かった。
しかし、奇しくもその大災害をきっかけとして、日本人自身が日本人とは何なのか、日本人はどこから来てどこへ行くのか、ということについて目覚め始めた。

翌2012 年は古事記編纂から1300 年を迎え、2013 年には出雲大社と伊勢神宮の御遷宮が重なり、日本の古代に対する関心は日増しに高まっている。しかも、三種の神器の1 つである草薙神剣を祀る熱田神宮の創祀1900 年祭も2013 年に重なっていたのは、何らかの天啓を暗示しているようでもある。

このような時期に、あたかも天からの采配の如く、GHQ によって焚書されて絶版となっていた著書

「天孫人種六千年史の研究」 スメル學會
伊予国一宮大山祇神社・元宮司・三島敦雄著


を手にしたのは、まさしく奇跡としか言いようが無い。

この著書は、従来の歴史観とはまったく異なるものであるが、この国の大いなる古代の神秘へといざなうものである。真偽や解釈は読者自身に委ねられるが、この著書が剣の如く封印を解き放ち、まったく新たな視点から、この国の古代史が根底から見直され、新たな歴史の糸が紡ぎ出されれば幸いである。また、そうなることこそ、命懸けでこの著書を出版された三島敦雄氏に対して最大かつ最高の敬意を表すことになろう。

奇跡的にこの著書を入手でき、電子ファイル化することができたのは、公に公開して誰もが自由に閲覧できるべき時期が到来し、永久に失われることのないようにすべきであるとの天命と解釈した。
それ故、コピーや配布等は自由にされても構わないし、仲間や知人に大いに広めていただき、活発な議論が巻き上がることを期待したい。

それでは、広大無辺な古代の神秘の海へと旅立とうではないか!
最後に、この著書を記された伊予国一宮大山祇神社・元宮司・三島敦雄氏に多大なる感謝の意を表します。


※この書の公開プロジェクトに関わった者たちを探索したり、または新たな情報の発信元として期待、依存することはお辞め下さい。世界の未来は、これを手に取られた貴方自身が、どう行動するかに掛かっています。



hyoushimap



※以下右クリックで「名前を付けてリンク先を保存」を選択すれば、pdf形式で保存可能です。

表紙
地図等
  序1~6項
目次 目次1~25項
写真等 全23項
第一篇 總論 1~46項
第二篇 我が皇室の淵源 47~84項
第三篇-第一段 天孫族 85~170項
第三篇-第二段 日神を稱ふる氏族 170~353項
第三篇-第三段 職掌を稱ふる氏族 354~378項
第三篇-第四段 諸氏と神祗 378~490項
第三篇-第五段 皇室と神祗 490~520項
索引 521~543項
巻末 原田敬吾記 1~13項



end

検索フォーム

topics

リンク

このブログをリンクに追加する

バビロニア スメル文明


※クリックで拡大

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。